ララムリの日常
2015.01.06 Tuesday 16:01
私がリスペクトしまくっている民族ララムリ。
「走る民族」で、この間ララムリのドキュメンタリーが
やっていたので見たけれど、なるほどの連続だった。

80キロ、山道や未舗装の道を走るというウルトラマラソンで、
上位に入るくらいの持久力を持つこの人達が
普段どんなトレーニングをしているのか、と取材班が聞くと、

「普段は走っていない」

と運動不足の人みたいな返事をする。

でも、その生活は水汲みからはじまる。
標高2000メートルという
低酸素の世界で2キロ歩いて、1キロの崖みたいな急斜面を
下って、そこで20キロの水を組んで、また登るという
水汲みだ。
ありえん、、、、

生活即鍛錬だ

特別なトレーニングの時間なんてないけれど、
生きることが即鍛えることになっている。
なんて理想的なんだ、、、、、

そして、畑を耕すために放牧している牛を捕まえる。
牛舎なんてものは無いし、牛も耕すのなんて嫌だから
もちろん逃げる、次の仕事は
牛が疲れるまで走って追い回すのが次の仕事だ。
(走っとるやん、、、)
疲れた牛を投げ縄で捕獲して、畑を耕す。
畑はだだっぴろいので、耕す距離は
100キロを超える。

電気はないから、薪をとりに急斜面を降りる、
斧で木を倒す、そして薪を担いで急斜面を登る、、、、

私はけっこう肉体労働には自信があるけれど、
はたしてできるかしら、、と思ってしまう
鍛錬生活だ。

こんなヘビーな生活だから、何も担いてない
状態で走るのは娯楽なんだろう。

ララムリの遊びは1つの玉を蹴って、
も走るというものだ。
ララムリの男アルヌルフォは
「最初から最後まで楽しいよ」と
いっていたけれど、
立ち止まって玉を蹴って、
道からはずれた玉を追いかけて、
走ったり止まったりの繰り返しで
40キロちかく走るゲームが
遊びなのだ。

うむむ、すさまじい。
そして、なんてナチュラルなんだ。
鍛えるという意識なしに
鍛えられている、という状態は理想だ。

現代社会では、どんどんと体を動かす機会が
なくなっている。それは不幸なことだ。

ララムリの生き方はすごい参考になる。
私も雪がとけたら、ララムリが履いている
ゴムタイヤで作った薄いサンダル「ワラッチ」を
作って走ってみよう。



この番組ですた




「ワラッチ」という履物です。
日本の「ワラジ」が語源だとかそうでないとか。
ローマ人みたいでクールです。









 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 考えたこと | - | trackbacks(0) | pookmark |
ありのままで
2015.01.03 Saturday 19:27
高校時代の同級生にたまたま会った。
あちらは気づいていない。
高校時代も私の存在をほとんど意識していなかった
はずだ。
でも、私は彼が小説を書いていて作文能力が高いことを
知っていて、密かに敬意を持っていた。

あれから何年たったのか。
頭は薄くなり、中年の顔になった同級生。
表情は暗く、現状の不幸を物語っていた。
高校時代の輝きを知っている私は、
声をかけることも出来ずに通りすぎた。
悲しみがやってきた。
何故、悲しいのか?
それは私の頭の中には「輝いていた高校時代の彼」がいて、
そのイメージのギャップが悲しみの源だ。

世界は常に変化していて、止まらない。
「常に変化している」
たとえば「私と彼は老けた、もう高校生ではない」
これは悲劇ではなくて、重力のようにあたりまえの
現象だ。
でも、自分の「若々しい自分」という脳内イメージを
掴んで放さないと苦しみの原因になる。
若さにしがみつき、あらゆる努力をして、変化に抗って、
最後には敗れることになる。

最近流行りの「ありのままで」は、
いかなる自己イメージも持たずに生きることだろう。
これは最高に難しいし、私もぜんぜん出来ないけど、
「私は◯◯よ!」という自己イメージをわざわざ意識
しないで生きるということだ。

虎は虎であることを意識していないで、ありのままに虎だし、
私は自分が人間であることを意識していないし、
どうすればもっと人間らしく見えるか、なんて考えもしない。
ほんとうの「ありのまま」は、なんの作為もない。

私は「高校生」ではない。
でも「おっさん」でもない。
でも「若者」でもない。
老人でもなければ、子供でもない。
あらゆる規定を超えていく必要がある。
あるがままだ。

もしも私が「おやじ」というイメージを受け入れると、
私の行動は規定されて、飛び回り走り回らなくなるだろう。
「私は◯◯です」は、自分を制限する。
自己イメージは自分の行動を規定して縛ってしまう。
あるがままを阻害する。

アナ雪のエルサが自分の力を解放する場面がある。
(娘が大好きだから、死ぬほど見せられた)
あれは「いい子であるべき、普通の女王であるべき」
という周囲が期待するアイデンティティを捨てて、
ありのままの自分の能力を解放した場面だ。
エルサは「雪の女王」というアイデンティティを選んだ
わけではない。
ただ自分を縛っていた「いい子であるべき、普通であるべき」
を手放して、力を解放した。
「私は雪の女王よ!」という歌ではなくて、
結果的に外から見たら雪の女王になった、ように見えるだけ。

「ありのまま」は深いです。
あなたは自分は何だと規定していますか?
そこから力を得ているとして、
それと同時に不自由な思いをしたり、
そのアイデンティティがゆえに見えなくなって
しまうものがあったりしませんか?

規定して、自分をいろいろなアイデンティティに
割れば割るほど
不自由で動きにくいです。
ありのままで、というのはあらゆる自己規程から
自由に生きるということで、
それは過去のいろいろな失敗や成功からも、
無縁に生きるということ。
たぶん、それは悟りの境地と呼ばれるもの
なんだろう。











こちらは英語に和訳の字幕がついたバージョン。
あたりまえだけど日本語版と歌詞が結構違う。
 





 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
大きな道
2015.01.01 Thursday 15:00
いろいろなことを言う人がいる。
「そんなやり方では何回生まれ変わっても
目覚めることはない」と。
そして、このやり方ならこの生涯で、
完全に目覚めて人間を完成させることができる、
という。

それはこういう言い方に似ている。
「この大きな道はたしかに目的地に通じているが、
長い距離を歩かないといけない。
ここに抜け道がある。これをいけば最短距離だ」

この問題は、
大きくてたしかな道を行くべき、と教えた
旅人は達人で、比類なき旅行者なのに対して、
「抜け道がある」と教える人は、
その人に比べると能力的にかなり劣る、という
ことだ。
一番ひっかかるのは、すべてに精通した達人が
その抜け道を進めなかった、、ということだ。
それでも早道がいいだろうか。

変な小道に入って迷うよりも、
確実に目的地につく大きな道のほうがいいと
私は思う。

もしかしたら抜け道は早道かもしれないけれど、
私は抜け道を進んで恐ろしい目的地についてしまった
人びとを知っているし、そういう人が起こした事件は
多くの人が知っているだろう。
一方、大きな道を歩く人でそういう危険に会った人を
私は知らない。

何回も生まれ変わっても、そのたびに
目的地に近づいているのならそれでいい。
変な道に入って、さまようよりか断然いい。
なによりも安心できる。



 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
生きる道標、あなたは何民族ですか?
2014.12.31 Wednesday 18:32
学校に行ったけれど、
「いかにして生きるか」は習わなかった。
それは教えられるものではない。
人それぞれ違う。
だから目的も違う。
さて、あなたの「人生の目的」はなんだろう。

テレビは多数の人の興味があることを
流している。
普通に流れるままに生きれば、
「お金を稼ぐこと」
「遊ぶこと」
「旨いものを食うこと」
「生活を安定させること」
「健康に生きること」
が人生の目的になる。
人生をかけてやっていることを
見れば、だいたいそんなところに収まる
と思う。

何故そうなるかといえば、
確固たる道標がないからだ。
だから多数の人たちが目指していることに
巻き込まれてしまう。

だからいわゆる
日本人というアイデンティティを
自分の中でやめる、という選択もありえる。
だれにも言わなくてもいいけれど、
普通に染まることができないのなら、
違う民族として生きるべきだ。

ララムリは「走る民族」と呼ばれていて、
独自の生活スタイルをもっている。
いわゆる普通の日本人という枠の中にいたり、
一般常識の範囲内にいたら「走る民族」には
なれない。

だからあなたの、私の目指す目的に叶う生き方。
あたかも、少数民族のように
生きるべきではないかと思う。









 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 考えたこと | - | trackbacks(0) | pookmark |
チエーン
2014.12.30 Tuesday 15:28
チェーンは弱いところから切れる。
これは人にも当てはまる。
たとえば、睡眠不足このうえない人がいて、
その人がいくら運動して、食事に気をつかい、
瞑想をしても、心身の健康は得られないだろう。
睡眠不足から、チェーンは切れる。

逆のパターンもある。
運動をすることで、食事が改善されて
よく眠れるようになって、体が元気になって、
瞑想も深まる。
なにか1つが強化される影響がほかに
広がっていく。
しかし、これは初歩のパターンで、
レベルの高いところでは、
すべてのチェーンが均一に強くないと
話にならない。

問題は、チェーンは何で構成されているのか?だ。

食事、睡眠、運動。
これは確実だ。
人によってこれから先は
組み合わせが違うかもしれない。




 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 考えたこと | - | trackbacks(0) | pookmark |
2014年−2015年
2014.12.29 Monday 08:12
2014年をふりかえる。

<陰>

「図書館の利用が再開」
2014年の年始に、もう図書館を使わない。
乱読しません、と決めたのだけれども、
読みたい本が多すぎて、結局読書ジャンキーに
戻る。
これは我慢できんかった、、、、、、
自分で購入する本は、一回読んでまた再読したいと
思える重要な本か、どうしても読みたいけど図書館に
ない本に限ることになった。
そして、いらない本は売るサイクルを繰り返すと、
人生の後半には、何千冊も読んだ本の中から、
自分の人生にとって重要なインパクトを与えた本
の図書館が残る。
人生をかけて選んだ本は、もしかしたら莫大な金額の
遺産に匹敵するかもしれない。
(子孫に読む能力がなかったらアレだけど)

「愛犬の死」

ペットロスの症状は日常生活ではでないけれど、
ときおり、リクが死んだ日に体験したことが
フラッシュバックする。
リクの遺体を冷やすために氷を買いにいった
コンビニに明かり。
コタツに入った時、足を伸ばすと布団に重いものが
あたるとリクがコタツ布団の上で寝ているのかと
錯覚するけど、座布団が置いてあるだけとか。
他のラブラドールをみたときとか。

<陽>

家族が無事過ごせたこと。
お酒をやめられたこと。
コーヒーをやめられたこと。
ヨガへの理解が進んだこと。


<2015年の目標>

秋口にフルマラソンに挑戦する

下記の本を読んで、走ることと有酸素運動の重要性に気づいたので、
2015年はフルマラソンに挑戦する。













走り方については<気>ランニングを参照。
太極拳の師にならったエッセンスをランニングに
応用という斬新な走法で、
こりゃいいわという感じ。









来年も変化できる年でありますように。



 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 考えたこと | - | trackbacks(0) | pookmark |
体を変える
2014.12.25 Thursday 07:05
体を変える一番の方法は、
それを形作っている素材を変えることだ。
つまり飲食だ。

今年を振り返ると、
いろいろ飲食の習慣を変えることができた。
以前はときどき飲んでいたお酒は
7月25日から飲んでいない。

浴びるほど飲んでいたコーヒーも
11月10日から飲んでいない。

体に害になる砂糖の入ったようなものも
ほとんどとっていない。

瞑想のお陰なのか、ほとんど苦痛がないままに
いろいろな依存から抜けることができた。

そして、また改めて食事を見なおしている。
いままでは3対7ぐらいのゆるゆるベジタリアンだった。
その比率をもっとあげる。
100%ベジタリアンは、ダシも使えなくなるので
ちょっと大変すぎるけど、
限りなくベジタリアンに近づく選択をする。

お酒もコーヒーも肉も食べずに生きるなんて、
死んだような生活だと思う人もいるだろうけど、
体調がいいという楽しみがある。

個人的なことだけど、
私にはお酒を嗜むとかコーヒーを嗜むという
選択肢はない。
飲み始めると特にコーヒーはずぶずぶと依存して
しまう。

依存した人には自由がない。
嗜好品に支配された生活だ。
いろいろな依存からだんだんと自由になっていく。
いろいろな自由があるけど、
これも確実に自由になる道だ。





 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
知らないことばかりだ、と気づくこと
2014.12.22 Monday 16:55
知らないことばかりだ、と気づくことが
学ぶことの始まりだ。
「おれはそれを知っている」と思いこむと、
まったく学ばなくなる。
知っていることを今更なにを学ぶ?

「おれ、知らない」、は目が開かれた合図だ。
変化の兆しだ。
知りたい。
学びたい。
 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 考えたこと | - | trackbacks(0) | pookmark |
非常識
2014.12.21 Sunday 15:14
一般的に信じられている常識に
はずれることでも、
それが正しいのならば行うべきだ。

下手に妥協して「私も一般常識わかってます」
みたいなお面をかぶることは、
自分に対する裏切りになる。

人は群れで生きる動物だから、
それは怖いことだけど、
それでも行かないといけない。
あなたが生きてきた意味がない。

人生はどれだけ一般常識や世間に合わせて
生きたかで平凡になり、
どれだけ自分の良心に正直に生きたかで、
非凡になる。
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 行動すること | - | trackbacks(0) | pookmark |
人はわからない
2014.12.17 Wednesday 15:37
実家にいった時、たまたま父の文章を読んだ。
無神経で短気なイメージしかない父だ。
しかし、若かりし頃に父の文章は、
彼が感受性が豊かな人間であると告げていた。

「これは本当にオヤジの文章か?」と

半信半疑だったけど、最後の父の名前があって
すっかり人間がわからなくなった。
表面的な父は知っている。
だけどその奥にいる感受性豊かだった父は知らなかった。

人はわからない。
自分の父親でさえわからないんだから、
他人ならなおさらだ。

この人はこういう人、というイメージは
そのイメージを作り出した自分にとっては
真実味があるけれど、それが真実かどうかは
確かめる術がない。

 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 家族 | - | trackbacks(0) | pookmark |
←back 2/198 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
プロフィール
 >  ナカタニトシカズ
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM