フロー
2014.11.24 Monday 08:28
「今」はつねに変化している。
だからあたりまえだけど固定した「今」はない。
本当はつねに「今」なんだけど、
考えはじめると、人は「今」を失う。
肉体はここにありながら脳は想像上の
過去と未来を旅する。
子供は違うけど、大人はどこか動く死体の
ようなところがある。
私も含めて、決められたプログラムで動く。

子供や動物は今に生きている。
大人は生きていない。
「あっ、おれは今にある」と感じる時、
私の場合、それは不思議にすべてが静止しているように感じる。
時間は一点に集約されて、動かないように感じる。

心が考えに固定することが「今」を失わせる、としたら
「今にある」状態は「流れている状態」だと言える。
千変万化する世界を「考えに固定されていない心」が同調して
いるのだ。
フロー状態だ。

並行した走る電車が止まって見えるように、
勢いよく回る独楽が止まって見えるように、
今は不動の状態だと感じる。
世界の変化の速度と心がぴったりと同調したら、
止まって見えるだろう。

心が道具である考えに囚われて固定した状態と、
流れている状態。

チクセントミハイは至福の集中状態をフロー状態と
名づけて、そこに至るための条件をいろいろと提示
したのだけど、私が思うに要約すると、
<「意識的に考える必要がない、
自分が手慣れたプロフェッショナルな活動」に没頭する>だと思う。

チクセントミハイさんは、活動はチャレンジングなものが
いいとしているけど、まったく違う形態のフローもある。

刺激的な物に夢中になって、忘我の境地に至るのが
フローだとしたら、
まったく刺激的でも目新しくもないものに、
集中力をむけて、心と体が沈静化する静けさが
瞑想だ。
活動的ではない瞑想フロー状態だ。





 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://1.rikunews.boo.jp/trackback/1223714
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
プロフィール
 >  ナカタニトシカズ
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM