手が一番繊細だ
2014.11.13 Thursday 22:33
あたりまえだけど、皮膚の感覚は
掌が一番繊細だ。

だから掌でエネルギーの感覚、
気の感覚が感じられないのなら、
胴体で感じることはできない。

ボールを抱えたような姿勢で
立つ気功のタントウ功をしていると、
奥義がわかる、といった先生がいたけれど、
それは入り口の掌の感覚を磨き、
気を実感化して、さらに身体の奥でも
感じることができるようになるからだ。

ヨガでするプラーナーヤーマは、
「プラーナの制御」という意味だ。
ただの呼吸法ではない。
でも、現実には大抵の人はただの呼吸法と
しか感じられないはずだ。
そして、プラーナを制御する感覚がないから、
行き詰まる。
グレゴール先生も、行き詰まってそうとう
に研究したそうだけど、
はじめにプラーナの感覚があったならば、
結果は変わっていたかもしれない。



 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://1.rikunews.boo.jp/trackback/1223703
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM