ポジティブシンキング(だけ)は何故危険なのか?
2014.11.12 Wednesday 18:25
ポジティブシンキングは心を病む原因になる。
前日の更新で、書いたように
人は、

<心>(思考)

<気>(エネルギー)

<身体>(身体感覚)

の3つのレイヤーで日常生活を送っている。

ポジティブシンキングは、思考だけを前向きにしようという
もので、<気>と<身体>が落ち込んでガス欠のときに、
それをやるとますます身体を空っぽにしてしまう。

老子が言った「虚」という状態はエネルギーに満ち溢れた虚だけど、
考えだけポジティブシンキングが身体を追い込んだ「虚」は、
死に近い虚だ。

「元気だせよ」
という言葉がうつ病の人を追いこむのは、
「元気」というエネルギーが無いからだ。
無いものを出せ、といわれたら演技するしかない。
その演技がますます無い元気を削る。

考え方の問題ではない。
現代はなんでも「考え」で、
片付ける傾向があるけれど、
その考えが維持できる土台である
「気」と「身体」に目を向ける必要がある。

たとえば、元気モリモリの身体。
気力が満ち溢れた身体で、
気弱な考えなんか浮かぶもんだろうか?

人を改善するのは、3つのレイヤーの
すべての要素から改善していく必要がある。

これはグレゴールメーレ先生のヨガ哲学の
クラスで習ったコーシャの考え方を元にしている。
いろいろ消化した結果、いろいろ参考になることが
たくさんある。
ほんのささいな気づきでも、長い目でみると
大きな変化を起こす。
やっぱり行ってよかったなぁ、、、







 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://1.rikunews.boo.jp/trackback/1223702
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM