気、プラーナ
2014.11.09 Sunday 18:01
最近、いろいろなジャンルの本を読んでいる。
いままで学んだことが<ヴェーダナー>(感覚)に
すべて行き着くのではないか、と
それぞれの共通項を探していく旅をしている。

そこで出会った言葉。

「気」という文字には呼吸の意味があり、
「功」という文字は呼吸や姿勢を絶えず調整練習して、
修練の年季を入れるという意味がある。劉貴珍


ガーン、知らんかった。
そういう意味もかかってたのか、、、
それじゃまるで、
「呼吸」と「生命エネルギー」の意がある
プラーナとおんなじじゃないか。

だとすると、功を練る方法論が違う、文化的な色付けが違う、という
だけだ。

もしかするとインドにも、私が知らないだけで、
掌などでプラーナを実感化する
プラーナーヤーマも存在するのかもしれない。

うーん、面白い。




 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://1.rikunews.boo.jp/trackback/1223698
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
プロフィール
 >  ナカタニトシカズ
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM