ミニマムヨガ
2014.09.10 Wednesday 06:15
時間は限られている。
無駄なことをしている時間はなく、
本当に必要なことはそんなに多くない。
無駄を削った、シンプルで必要最小限。
それがミニマムヨガだ。

なんのためのヨガなのか?と考えると、
必要最小限が見えてくる。
ヨガの頂点は「瞑想」だ。
いくら素晴らしい体になっても、
心が「怒り」と「欲望」の奴隷なら意味がない。
そこから解放する力は「瞑想」にある。




瞑想のためのヨガのポーズ

背骨が弱っていると、まっすぐ座ることができない。
背骨を鍛えるために、太陽礼拝ABと3つの立ちポーズ。

筋肉が緊張して強張っていると、瞑想状態に入りにくい。
だから、その強張りを解放する座りのポーズを7つ。



瞑想のための呼吸法

心の動揺は、呼吸を乱す。
逆に、呼吸を安静にすることで、心は安定する。
シンプルに大きく深呼吸することで、心の速度がゆっくりになる。



呼吸瞑想

死ぬ時まで、どんな状態のときも存在する呼吸に
シンプルに意識を向ける瞑想法。
仏教でも重要視されている、
世界で一番シンプルで奥深い瞑想法。




私の現在のヨガは、この3つのバーツで構成されている。
「最小限で最大の効果」
それを目指したヨガなのです。








 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガスタジオエーカーグラ | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://1.rikunews.boo.jp/trackback/1223621
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
プロフィール
 >  ナカタニトシカズ
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM