体の違い、世界の違い
2014.02.07 Friday 17:06







発熱で服薬してます。
普段なら「薬はいらない、自然に治る」で
押し通す私ですが、3日ほど高熱が下がらない、という
状況で、武井壮的な「おれ最強」という気概をポッキリと
へし折られてしまい、だんだん不安になり、
これ、インフルエンザじゃないかしら?と検査にいった耳鼻科で
「これはひどい蓄膿症からくる発熱ですね」と
インフルエンザでも風邪でもないことが判明し、
あのまま家で寝ていても、そうとう治らなかった、、、と
肝を冷やしてから、お医者さんの言うことはちゃんと聞くことに
した。
「薬は途中でやめずに最後まで飲んでください」という
指示をしっかり守って飲んでいる。

人生でこんなに薬を真面目に飲んだのは初めてだけど、
副作用ってけっこうあるんですね。

具体的にいうと、体の感覚がすくない。
痛みや圧力を感じるセンサーが眠っている感じがして、
自分の体だけど、なんとなく重いし鈍い。

ペンを握って字を書いても、なんだか自分の体から分離しているみたい。
何をしても鈍い。
視野も狭まった感じがするし、心にも膜がかかった感じがする。

動きがゆっくりだったり、思考がゆっくりだったりする人は、
もしかすると、こういう朧げな感覚で世界を捉えているのかもしれない、と
思った。
痛みに強く、寒さに強いけど、ぼーっとしている人は、
実際にそんなに感じていないのかもしれん、とも思った。
これは薬で自分の体がぼーっとしていなかったら、思いもしないことだ。

逆に、私よりも世界を繊細に感じ、微細な動きをしている人の世界を
私は想像することもできない。

体があなたの世界だ。
心があなたの住む世界だ。
心と体を大切にする意味はそこにある。












 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 体のこと | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://1.rikunews.boo.jp/trackback/1223502
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM