反対意見「スキルの問題」
2013.10.05 Saturday 18:13
いざとなるとパフォーマンスが発揮できないのは
スキルの問題ではない、という更新をしたのですが、
今日は「いや、スキルの問題だろう」という視点からの更新。





兵士の訓練を受けたことはないけれど、
だいたい想像がつく。

「同じこの繰り返し、徹底的に!」

これに尽きるのだろう。

というのは、兵士の任務は死の危険と隣合わせ。
そんなときは思考力が真っ先に吹っ飛ぶ。
真っ白になり、複雑かつ高度なことは考えられない。
そうなった時に活きるのは、
「考えなくても、本能のように出来ること」
そのためには、そのスキルが血肉になるほど
繰り返し繰り返し繰り返す。

昔の武術家の伝聞を、中国人の老師に聞いたことがある。
今の人みたいに、たくさんの技を使う人はいなかったそうだ。
◯◯さんは朝陽手、◯◯さんは双纏手、、、などと
1つの技に特化して、深めて深めて深めて深めて、
徹底的に1つの技を練り上げたそうだ。
その技を構成する「原理」を体にしみこませる。

銃器がある今の世界で、素手の武術はリアルな武器ではない。
しかし、昔はその武術がリアルな武器だったし、
イベント的なルールのある試合が実戦ではなく、
殺し合いがその実践の場だった。
その技に命がかかり、下手をすれば殺されてしまう、、という
シチュエーションでの戦いの中のものだった。

そうなると、恐怖心で意識が吹っ飛んだ体で、
機械的に命を救い、相手を打ち倒すのは、
本能になるまでに練り上げた1つの技だった。

思うにそれは昆虫の戦いに似ている。
カマキリは多彩な攻撃フォームを持たず、
必殺のカマでの攻撃で生存する。
スズメバチの武器は毒針。
バッタは強力な脚力で逃げる。
本能的に、もっとも有効な攻撃や逃走行動を
昆虫はとる。考えないから、神速だ。


実際にできないのはスキルの問題でもある。
実戦で使えないのは、恐怖で吹っ飛んだ状態でも
使えるほど深めていないからだ。

普段の実践もないのに、実戦で使おうとすると
スキルの問題になる。
充分スキルがあるのに、実戦で使えないのは
心の問題になる。
ということかもしれない。










 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 体のこと | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://1.rikunews.boo.jp/trackback/1223445
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
プロフィール
 >  ナカタニトシカズ
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM