脳のコンピューター
2012.03.27 Tuesday 18:49
 感覚的な話。

脳は容積は小さいけど、
めまぐるしく動き出すとエネルギーは
膨大に食う。

青色申告のためにデスクワークをしていると、
体はほとんど動かさないのに
終わったあとは寝込むほど疲れた。
それだったら、肉体労働のほうが
楽だと感じるくらい。

<老子>にもあったのですが、
この脳が暴走すると、体のぶんの
エネルギーまで食ってしまって
体が弱っていく。

エネルギーを生み出しているのは
体なので、その体が弱ると、
エネルギー自体が減っていく。

だけど、脳の暴走は止まらずに
同じだけの年貢をもとめて、
弱った体は枯渇していく。

「考えるすぎ」「悩みすぎ」「ネットのしすぎ」
「働き過ぎ」
などなど頭を猛烈に動かし続け体から
容赦なくエネルギーを略奪し続けると、
たぶん、これは科学的な根拠がぜんぜんないのですが、
鬱病になるのだと思う。

鬱の人に聞くと、もうなにをするにも気力がわかず、
立ち上がるのもしんどいという話。

エネルギーがないのに、頭はガンガン動いていて、
それが空転して、悪循環で心と体が枯渇したのだと
私は見ています。

やること。
<体を養い、考えを鎮めること>

考えることは必要だけど、場合に応じて
スイッチをオフにすることが求められる。

スマートフォンは便利だけど、スイッチが
切れなくて24時間みていたらおかしくなるでしょ。

夢中になってなにかに集中している瞬間、
考えは止まっている。

それが絵でも編み物でも、ヨガでも瞑想でも、
弓道でも、掃除でも、マラソンでも自転車でも、
ようは行動に没頭できるならばOK

でも、その行動が「勝つため」などの結果重視に
なると、また脳が動き出す。
それが体にとってはストレスになる。

ただひたすらに、純粋に。
なにも求めずに。
その行動の中の幸福がすでにご褒美で
結果なのです。













 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | 行動すること | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM