運動で痩せない!
2015.01.20 Tuesday 21:43
真実は目の前にあって、
思いこみがそれを見えなくする。

「運動すると痩せる」というあたりまえの考えが
ある。
しかし、これ私が知る現実ではそうではない。
嘘みたいだけど、これ本当の話。
 
私は新規立ち上げの肉体労働に参加した
ことがある。
みんな同じくらいに働きはじめ、
だいたい同じくらいの肉体労働をする。
歩く、荷物を運ぶ、自転車に乗る。
それを一日5時間続ける。
立派な運動である。
よく体を動かしていた私でも、最初は足が痛くなるほど
で、筋肉質だった体はさらに筋肉質になった。

しかし、1年たち2年たっても、はじめに太っていた人は
同じく太っていた。
歩きまわり、荷物を運び、走り、
自転車に乗っても痩せない。
なぜ、その時に「どうしてこの人たちは痩せないんだろう?」と
疑問に思わなかったのか?
思いこみって恐ろしい。

現実から導き出された結論は、
「食事を変えないと痩せない」

太ったままの人に話を食生活を聞いたことがある。
夜は酒を飲みまくり、しめのラーメンは欠かさないライフスタイル。
いくら運動しても痩せる訳がない。

そんな食生活をしながら運動だけで痩せようと思うなら、
相当ハードにやらないといけない。
それにカロリー満載の脂肪たっぷりの食事を
しながら運動するのは危険だ。

アメリカで、肉をバンバン食べてランニングをしていた
ランニング健康法のカリスマはランニング中に
心筋梗塞で死んでしまった。

運動で痩せない!ではなくて、
「運動だけ」では痩せないのです。
食事と運動。
この2つがちゃんとしないと人は健康的に生きられない。








 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
偽の現実を打ち破る
2015.01.14 Wednesday 17:31
このあいだみたミステリーでは、
まわりのほぼ全員が共犯となって、
犯罪をおこなう、という筋だった。
はたして、現実にこんな犯罪があったら、
名探偵はこれを打ち破ることができるだろうか。
何人もの人間が協力して作り上げた幻想の
まえに個人の力は無力だ。

人は人に影響される。
同じ部屋に10人いて、9人が
白色を黒だと言いはったら、
自分の現実は揺らめくだろう。
「これは黒だろ?」と
余裕しゃくしゃくに言える人は少ない。

しかし、探偵は厳然たる事実を積む上げて、
そこから推理を発展させて、
不自然さや違和感を排して、
そして、とうとうこれを打ち破ってしまった。

これは私達の生活にとってもヒントになる。
我々はさまざまな人が共同で信じている幻想を
一笑するほど強くない。
しかし、事実を調べ、そこからあるべき姿を
推理して、世界から不自然さや違和感を排して
いけば、幻想を打ち破って生きることができる。

天動説が信じられていた時代から、
地球は回っていた。
今も真理は眼前にある。
でも、いろいろなことを信じすぎて、
それは盲点に隠れて見ることができない。

クリシュナムリティは
「私は何も信じない」といった。
信じると見えなくなることがたくさんある。
だからといって、
疑うと見えなくなることがたくさんある。
信じることも疑うこともなく、
曇り無くいること。

あの名探偵も、何も信じていなかったんだろう。







 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
天動説とヨガ
2015.01.12 Monday 07:05
「地球を中心に宇宙は回っている」
という天動説。
長年、これは信じられてきた。
とてもわかりやすいからではないだろうか。

思えば、私の自我も天動説だ。
世界は「私」を中心に回っている。
この世界の主人公は「私」だ。
これは「私」にとっては正しいけれど、
世界からみれば、妄想にすぎない。

どこかの国では
「世界を終わらせてやる!」という
自殺フレーズがあるそうだ。
たしかに「私」が中心の天動説的世界は
それで終わるけれど、
世界は終わらない。

じゃあ、「私」が動くから世界が
動いて見えるのか?
地動説なのか?
これはヨガのベースになっている
サンキャ哲学の世界観には叶う考え方だ。

世界の原料で、心も物質も形作っている
プラクリティは、意識であるプルシャに観照され
なくなると、踊るのをやめる。
しかし、他のプルシャの世界が停止することは
ない。

いや、わけがわからなくなってきた。
これって「世界を終わらせてやる!」の自殺と
一見かわらないように見える。
でも、違いがある。
自殺する動機をもった人は世界を終わらせることは
できない。
できるのは肉体を終わらせることだけだ。
その心は新たな肉体を手に入れて、再構築されて、
ふたたび終わらせたはずの世界に戻ってくる。
心が輪廻転生を引き起こす。

延々と、延々と、生きたことが次の生の
原因になって、さらに生まれ変わったことが
次の生の原因になり、まさに無限に
生死を繰り返すことになる。
ブッダが言った
「あなたがいままでの生で流した涙は、
この海の水よりも多い」
という言葉は、無限の生死の輪の中に
いることを考えれば真実だ。
この無限のループから抜け出す道が、
仏教だったりヨガだったりする。

かといって、ヨガは<生きることを嫌悪する道>でもなく、
<生きることに執着する道>でもない。

嫌悪すると嫌悪する心の傾向が原動力となって、
さらなる生を作り出す。
生への執着も同じ結果だ。

ヨガは<欲望>と<嫌悪>を手放す道だ。
足どり軽やかに生きる道だ。

欲望と嫌悪が根絶されて<意識>が<世界>から
独立すると(独在)、もはや生まれ変わることはない。
生まれ変わるべき魂も持たなければ、
自我もない。
原因のないところに結果はない。

私が止まれば私が見ている世界はとまる。

うーん、地動説だ。
ヨーガスートラの一番重要な句。
<ヨーガとは心を止滅することである>
という言葉は、簡潔にして深い。
(心を死滅する、ではない。
心を殺そうとすると、心を殺そうとする心が残る)

ヨガの実践というと、体を伸ばしたり曲げたり
を想像しがちだけど、実際は「瞑想」がメインになる。
私のクラスも肉体鍛錬に時間を使っているけれど、
それは道具を手入れして、心と体を鋭敏にするため手段で、
それも心身への<気づき>を開発する手段となる。
本当はいきなりヨーガスートラで言われているような
瞑想に入りたい。
しかし、現代人の私達のめまぐるしい心と弱った体は、
心身の調整なしに瞑想に入ることがすごく難しくなっている。

瞑想が目的ならクラスの目的は<解脱>?
と思われるかたもいるかと思うが、
私のクラスの目的は<解脱>ではない。
私自身まったく理解できていないことがクラスで出来るはずも
ない。

<ヨガの実践で生き方をシンプルにする>
こんなところだ。
これなら、私は実践できている。



 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
人のためならず
2015.01.10 Saturday 18:20
そんなに無愛想なたちではないけれど、
最近、ちょっといつもより10%増しで
愛想よく人と接することにしている。

というのは気づいたのだ。
「笑顔は人のためならず」だ。
人に愛想よくする、というメリットは
他人がどう思うかという以前に、
愛想をよくしている自分自身にメリットがある。
愛想よい感情は体にいい。

怒るとまず自分の体を痛める。
プラスの感情はまず自分の体を元気にする。

 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
タオのバランス
2015.01.09 Friday 15:03
こんなシンプルなことだったのか、と
ふとわかるときがある。
たとえばタオ。

老子を読むと「へりくだるといい」という
話や「おれは心に宝石をもっている」とか、
いろいろ書いてある。
けれど、これはバランスをとる話なのだ。

いま、富者としてあなたが生きているならば、
「家なき子のような心境」を持ったり、想像したり
することがバランスとなる。
富者として驕って、暴走して破滅してしまうことは
それで防げるし、このバランスなしでは続いていかない。

もしも、実際に貧者であるときは、
自分の中にある心の宝、精神的な宝を開発することで、
絶望することなく生きていける。
これもバランス。

光の中で目を閉じて、
絶望の暗闇の中で星を探せ。

タオとはバランスなのだ。
バランスなくして存続するものは存在しない。


 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
ありのままで
2015.01.03 Saturday 19:27
高校時代の同級生にたまたま会った。
あちらは気づいていない。
高校時代も私の存在をほとんど意識していなかった
はずだ。
でも、私は彼が小説を書いていて作文能力が高いことを
知っていて、密かに敬意を持っていた。

あれから何年たったのか。
頭は薄くなり、中年の顔になった同級生。
表情は暗く、現状の不幸を物語っていた。
高校時代の輝きを知っている私は、
声をかけることも出来ずに通りすぎた。
悲しみがやってきた。
何故、悲しいのか?
それは私の頭の中には「輝いていた高校時代の彼」がいて、
そのイメージのギャップが悲しみの源だ。

世界は常に変化していて、止まらない。
「常に変化している」
たとえば「私と彼は老けた、もう高校生ではない」
これは悲劇ではなくて、重力のようにあたりまえの
現象だ。
でも、自分の「若々しい自分」という脳内イメージを
掴んで放さないと苦しみの原因になる。
若さにしがみつき、あらゆる努力をして、変化に抗って、
最後には敗れることになる。

最近流行りの「ありのままで」は、
いかなる自己イメージも持たずに生きることだろう。
これは最高に難しいし、私もぜんぜん出来ないけど、
「私は◯◯よ!」という自己イメージをわざわざ意識
しないで生きるということだ。

虎は虎であることを意識していないで、ありのままに虎だし、
私は自分が人間であることを意識していないし、
どうすればもっと人間らしく見えるか、なんて考えもしない。
ほんとうの「ありのまま」は、なんの作為もない。

私は「高校生」ではない。
でも「おっさん」でもない。
でも「若者」でもない。
老人でもなければ、子供でもない。
あらゆる規定を超えていく必要がある。
あるがままだ。

もしも私が「おやじ」というイメージを受け入れると、
私の行動は規定されて、飛び回り走り回らなくなるだろう。
「私は◯◯です」は、自分を制限する。
自己イメージは自分の行動を規定して縛ってしまう。
あるがままを阻害する。

アナ雪のエルサが自分の力を解放する場面がある。
(娘が大好きだから、死ぬほど見せられた)
あれは「いい子であるべき、普通の女王であるべき」
という周囲が期待するアイデンティティを捨てて、
ありのままの自分の能力を解放した場面だ。
エルサは「雪の女王」というアイデンティティを選んだ
わけではない。
ただ自分を縛っていた「いい子であるべき、普通であるべき」
を手放して、力を解放した。
「私は雪の女王よ!」という歌ではなくて、
結果的に外から見たら雪の女王になった、ように見えるだけ。

「ありのまま」は深いです。
あなたは自分は何だと規定していますか?
そこから力を得ているとして、
それと同時に不自由な思いをしたり、
そのアイデンティティがゆえに見えなくなって
しまうものがあったりしませんか?

規定して、自分をいろいろなアイデンティティに
割れば割るほど
不自由で動きにくいです。
ありのままで、というのはあらゆる自己規程から
自由に生きるということで、
それは過去のいろいろな失敗や成功からも、
無縁に生きるということ。
たぶん、それは悟りの境地と呼ばれるもの
なんだろう。











こちらは英語に和訳の字幕がついたバージョン。
あたりまえだけど日本語版と歌詞が結構違う。
 





 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
大きな道
2015.01.01 Thursday 15:00
いろいろなことを言う人がいる。
「そんなやり方では何回生まれ変わっても
目覚めることはない」と。
そして、このやり方ならこの生涯で、
完全に目覚めて人間を完成させることができる、
という。

それはこういう言い方に似ている。
「この大きな道はたしかに目的地に通じているが、
長い距離を歩かないといけない。
ここに抜け道がある。これをいけば最短距離だ」

この問題は、
大きくてたしかな道を行くべき、と教えた
旅人は達人で、比類なき旅行者なのに対して、
「抜け道がある」と教える人は、
その人に比べると能力的にかなり劣る、という
ことだ。
一番ひっかかるのは、すべてに精通した達人が
その抜け道を進めなかった、、ということだ。
それでも早道がいいだろうか。

変な小道に入って迷うよりも、
確実に目的地につく大きな道のほうがいいと
私は思う。

もしかしたら抜け道は早道かもしれないけれど、
私は抜け道を進んで恐ろしい目的地についてしまった
人びとを知っているし、そういう人が起こした事件は
多くの人が知っているだろう。
一方、大きな道を歩く人でそういう危険に会った人を
私は知らない。

何回も生まれ変わっても、そのたびに
目的地に近づいているのならそれでいい。
変な道に入って、さまようよりか断然いい。
なによりも安心できる。



 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
体を変える
2014.12.25 Thursday 07:05
体を変える一番の方法は、
それを形作っている素材を変えることだ。
つまり飲食だ。

今年を振り返ると、
いろいろ飲食の習慣を変えることができた。
以前はときどき飲んでいたお酒は
7月25日から飲んでいない。

浴びるほど飲んでいたコーヒーも
11月10日から飲んでいない。

体に害になる砂糖の入ったようなものも
ほとんどとっていない。

瞑想のお陰なのか、ほとんど苦痛がないままに
いろいろな依存から抜けることができた。

そして、また改めて食事を見なおしている。
いままでは3対7ぐらいのゆるゆるベジタリアンだった。
その比率をもっとあげる。
100%ベジタリアンは、ダシも使えなくなるので
ちょっと大変すぎるけど、
限りなくベジタリアンに近づく選択をする。

お酒もコーヒーも肉も食べずに生きるなんて、
死んだような生活だと思う人もいるだろうけど、
体調がいいという楽しみがある。

個人的なことだけど、
私にはお酒を嗜むとかコーヒーを嗜むという
選択肢はない。
飲み始めると特にコーヒーはずぶずぶと依存して
しまう。

依存した人には自由がない。
嗜好品に支配された生活だ。
いろいろな依存からだんだんと自由になっていく。
いろいろな自由があるけど、
これも確実に自由になる道だ。





 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
負け戦
2014.12.06 Saturday 20:04
「肉体の若さを保つこと」はみんなの夢だ。
年齢よりも若く見られて怒る人はいない。
だけど、これは確実に敗北する負け戦でもある。

肉体が若いことは素晴らしい。
だから人はそれに執着するのだけど、
時の流れば残酷だ。
秋になった季節は夏に戻すことはできない。
そのためにかける時間は無駄だ。
川の流れに逆らって、上流にむけて
ボートを漕ぐ努力に似ている。

とても美しい老人を知っている。
その人たちの共通点は肌が綺麗とか、
姿勢がピンとして美しいという訳ではない。
背中が曲がって人もいるし、
皮膚は老人特有の暗さをもっている。
だけど、表情がとても美しい。
気品がある。
長い間、人に優しくして生きてきた人たちだ。
その優しさが表情に刻まれて、
とても美しい。
これはいくら化粧しても出せない。
死に近づいて、若作りの努力がすべて無駄に
なる季節に、美しい人びとは、
生き方が美しい人達だ。

肉体を磨くことは負け戦だけど、
魂を磨くことは勝利への道だ。

来世があるのなら、すばらしい来世への
道になるだろうし、なければ充実した
一回の人生を送る道になる。





 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
達人の型
2014.11.30 Sunday 15:16
力を抜いてリラックスする、ということが
いいことだとわかっていても出来ません、という
現実がある。
そんなことが出来るのは達人だけだ、という訳になる。

なぜ出来ないかというと、体に力を入れて
コントロールする術しか知らないからだ。
肝心なのは「体を感じること」だ。

感覚が鈍い人はスキーの手袋をして、
細い糸を結ぶようなもどかしさを感じるんだろう。
すべきことは、手袋を脱ぐことだ。
体に通っている神経をさらに研ぎ澄ませて、
体のセンスを上げることだ。



 
 
シンプルなヨガと瞑想で
体と心を元気にする

 

場所:石川県金沢市泉ヶ丘2丁目3−14
たろう接骨院2階スタジオtarou
 
私の奥さんが妊婦さん向けの
ヨガクラスを開催しています。
お産にむけてぜひいらしてください

マタニティヨガ ティユール


 
| としかず | ヨガ | - | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/11 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
広告
おすすめ本


Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM